top of page
  • ps9602

国内転売・せどりについて

国内転売について

まずは 「そもそも国内転売って何?」と言う初心者の方の為にも 国内転売の概要をお話したいと思います。 私たちは【国内転売ビジネス】と言っていますが 巷では「せどり」という言い方のほうがメジャーかもしれません。 国内転売(せどり)とは何か?ということですが 国内で商品を買って、その買値よりも高い値段で ヤフオクやアマゾンで販売して、差額を利益にするモデルです。 相当簡単に言っているように聞こえるかもしれませんが 実際にそこまで難しいものではありません。 なぜなら普段の買い物の延長からでも始めることが出来るからです。 前提として、国内のものを扱う以上語学はまったく必要ではありません。 そして、少しでも安いお店で買う為に ネットを調べて安く売っているお店やネットショップを探すことは 誰でもできますし誰でも一度はやったことがあるでしょう。 それを今度は「売る」という工程を最後につけるというのが 国内転売ビジネスの全容で 国内転売の定義をお伝えすると、 安く買って、高く売る。 という、とてもシンプルな作りになっています。



仕入れ先・販売先は?

では実際に商品を仕入れて→販売して利益を出す為に どこで仕入れて、どこで販売するのか? についてお話していきます。

仕入れ先について

まず、国内転売には大きく分けて2種類仕入れ先があります。


店舗仕入れ

店舗仕入れは、実際にお店に足を運び商品を1つ1つ相場サイトで価格をチェックして 安ければ仕入れ、それをヤフオクやアマゾンで販売をします。

電脳仕入れ

一方で、電脳仕入れというものはネットショップ、ヤフオクなどで仕入れ それをヤフオクやアマゾンで販売をします。

仕入れる場所が「店舗」か「ネット」かの違いだけなのですが こちらでは基本的にフリマ電脳仕入れをお伝えいたします。


電脳仕入れをおすすめする理由?

店舗仕入れの場合だと 実際に足を運び、立ちっぱなしで価格をチェック、 買い付けたあとは自分の手で持ち帰らなければならないケースが多く 結構な労力が必要です。

また、相場を調べるにしてもスマホで見るため、 細かな売れ筋などをチェックするのが大変です。


電脳仕入れの場合は

ネット上で商品を見ていくので、自宅でゆっくりと取り組むことができます。

お店が近くになくても出来ますし 朝でも夜中でも、時間帯を問わず仕入れが可能になります。

なので、時間に余裕をもって 体力的にも消耗が少ない電脳仕入れがおすすめです。

販売先について

商品を仕入れても販売場所が無いと売れることはありません。

国内転売の場合、仕入れてきた商品をAmazonで販売する手法が一般的です。 「なぜAmazonで販売するんですか?」 というご質問にお答えします。 副業からでも、個人で稼ぐには持って来いの素晴らしいシステムを Amazonが持っているからです。


AmazonのFBA(フルフィルメント By Amazon)に登録し利用する事で 商品が売れたら勝手にAmazonがお客さんの元へ配送してくれます。 一番面倒な配送作業を丸投げできるので、時間効率が非常に良いです。 最小の労力で最大報酬を獲得したいならば、Amazonを使う以外はありません。 というくらい素晴らしいシステムになります。

まとめ

国内転売は国内で仕入れて、販売するだけの シンプルで再現性が圧倒的に高いビジネスモデルです。 そしてこの講座でお伝えするように ネット完結でも行うことができる手軽さも持ち合わせています。 引き続きのカリキュラムで オンラインでの仕入れの方法を学び 国内転売で稼ぐ力を身につけましょう。

閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page